> 研究会・セミナー > 人と動物の比較疾患研究会
人と動物の比較疾患研究会

~人から動物へ、動物から人へ、共に健やかに生きる~

 “One Health”という言葉を耳にする機会が増えてまいりました。人の健康、動物の健康、環境の保全のためには、三者の全てを欠かすことができません。” One for All、All for One “の考え方に基づいた協調した活動が始まっています。
 人と動物には同じ病気がみられます。その中には、原因遺伝子が同じ、すなわち全く同じ病気もあります。人と動物が協力して病気を克服した例が既にあります。人レーバー先天黒内障は同じ病気を持つブリアードたちの協力を得て遺伝子治療ができる様になりました。人と動物たちが共に健やかに生きるために、獣医学と医学をつなぐ研究を推進してまいります。

第40回動物臨床医学会年次大会開催内容

■がんを光で、診る・治す。人から、動物から。

座長:伊藤典彦(鳥取大学)

  1. 人から、動物から、世界での取り組みアップデート    講師:伊藤典彦(鳥取大学)
  2. フィリン化合物を用いる、がんの診断と治療

講師:大倉一郎(東京工業大学名誉教授)
講師:井上啓史(高知大学)
講師:大崎智弘(鳥取大学)

研究会・セミナー