ご覧になりたいタイトルを選択してください。
獣医総合臨床認定医制度について new
2016.6.9
小動物臨床研修診療施設に指定されました。
2011.9.2
盲導犬貸与式
2006.6.2
小動物臨床研修診療施設に指定されました。
H23年3月28日、小動物臨床研修診療施設の協力型臨床研修施設として初めて農水省の指定を受けました。
獣医法の一部を改正する法律(平成4年法律45号)の施行に伴い、診療を業務とする獣医師は、免許を受けた後においても大学や農林水産大臣の指定する診療施設において研修を行うように努める旨の規定が追加されました。
研修施設は、小動物と産業動物に区分されており、それぞれに単独型と協力型があります。
今回、倉吉動物医療センター・山根動物病院を基幹診療施設としまして、山陽動物医療センター、セントラルシティ動物病院、小出動物病院、舞鶴動物医療センター、米子動物医療センターを協力病院とする協力型臨床研修施設として認可されました。
研修員会には、当財団や山形動物病院が参加しております。
臨床獣医学に求められる必要な知識や技能を習得できるよう、また獣医医療に対する社会的な要請に応じることができる精神や態度を身につけることができるような卒後教育施設として今後も努力を重ねていきたいと思います。